両親への旅行のプレゼント

旅行の悩みを解決

還暦祝い、定年退職、初任給、初ボーナス。両親へ旅行のプレゼント方法とおすすめ

旅行のプレゼント

還暦祝いで両親へ旅行をプレゼントしたい!

金婚式・銀行式で両親へ旅行をプレゼントしたい!

退職祝いで両親へ旅行をプレゼントしたい!

初任給や初ボーナスで両親への旅行をプレゼントしたい!

日頃の感謝で両親へ旅行をプレゼントしたい!

 

今までお世話になった両親へ心のこめた旅行をプレゼントしたいと思っている人は多いと思います。

 

けれど、どうやってプレゼントすれば良いの?

 

このように悩んでいませんか?

 

特に、自分があまり旅行に行った事のない人にとっては、なかなか旅行をプレゼントするのはハードルが高いのではないでしょうか?

 

ここでは、プレゼントをあげる側もらう側両方にとって比較的ハードルが低い国内旅行について、両親へ旅行をプレゼントする方法、及びその時の注意点についてお話します。

 

どうやって両親へ旅行をプレゼントする!?

よくある両親への旅行のプレゼントの方法として、「カタログギフト」を贈るという方法があります。

 

このカタログギフトは大手旅行会社が提供している商品で全国の質の高いホテルや温泉宿が多数掲載されています。

サプライズとしてプレゼントもできますし、もらった方も簡単に予約できますので、とても人気のプレゼント方法です。

 

けれども、僕はあまりおすすめしません。

 

なぜなら、せっかくの旅行というとても素敵なプレゼントをするのに、カタログギフトを渡して、この中から好きなプランを選んでね!ってなんとなくもったいないと思います。

 

せっかく、旅行を贈るという素晴らしいアイデアを思い付いたにも関わらず、カタログギフトという選択がとてももったいないです。

 

よく結婚式等の引き出物でカタログギフトをもらうのですが、複雑な気分になる時があります。

それよりも、新郎新婦が来賓者のために、真剣に悩んで選んでくれた品物の方が嬉しいことも多々あります。

 

また、カタログギフトには以下のようなデメリットもあります。

デメリット

基本的には除外日(泊まれない日)があること

泊まる宿が限定されること

泊まるプランが限定されていること

自分で予約するよりも割高な場合があること

 

 

もちろん、それでもカタログギフトのプレゼントに両親は喜んでくれると思います。

 

けれども、やはり、両親のために、真剣に悩んで決めて、予約した旅行の方がより喜んでくれると思います。

 

 

そうです!

 

僕がおすすめする方法は、あなたが旅行の手配を全てしてあげて、それをプレゼントしてあげる方法です。

 

旅行を計画していく

まず、どのように旅行を計画していくかについて説明します。

 

自分で予約した旅行をプレゼントする際には、必ず事前に旅行をプレゼントする旨を伝えなければいけません。

 

つまり、カタログギフトのようにサプライズプレゼントができません。

 

それが、唯一のデメリットです。

 

ただし、旅行の中身で十分サプライズプレゼントができますので、安心してください。

 

僕は、旅行については、「旅行をプレゼントすること」をサプライズにするよりも、「旅行の中身」をサプライズする方がはるかに喜んでもらえると思っています。

 

サプライズとしてカタログギフトだけ渡して、あとは自分で選んでねというサプライズよりも、

素晴らしい宿や素晴らしい食事をサプライズする方が、わくわくしませんか?

 

ですので、必ず事前に旅行をプレゼントしたい事を伝えてくださいね。

 

そして、その後(事前にでも良いですが)決めることが、自分も一緒に行くか、両親だけで行くかです。

 

これについてはどちらでも良いと思いますし、様々な要因によって変わってくると思います。

 

両親だけで行ってもらいたい場合もあるでしょうし、そもそもあなたが休みを取れず一緒に行けない場合もあります。あなたが一緒に行った方が色々とフォローをしてあげられるので安心という事もあります。

 

ただし、どちらを選ぶかによって多少予約の方法や準備が少しだけ変わっていきますので、注意してくださいね。

 

 

自分も一緒に行くか、両親だけで行くかが決まったら、残りは「目的地」と「旅行日数」です。

 

旅行日数によっても目的地は変わってきますが、プレゼントとしての最適な旅行日数は1泊2日か2泊3日だと思います。

 

僕自身はこの1泊2日や2泊3日の旅行を「ショートトリップ」と呼んでいますが、とてもおすすめの旅行方法です。
(ショートトリップについては詳しく知りたい場合はこちらを見てくださいね!)

 

目的地については、当たり前ですが、両親が行きたい場所を一緒に話し合ってください。

もし、特に候補地が出てこないという場合は、この記事の最後に僕のおすすめの場所を紹介していますので、参考にしてくださいね。

 

予約内容と方法

さて、旅行に行く事を伝え、目的地と旅行日数が決まれば、いよいよ予約です。

 

自分で予約するといっても、決してハードルは高くありません。

 

予約の必要があるのは、行き帰りの交通手段と宿、食事の3点です。

行く場所によってはレンタカーの予約も必要かもしれません。

 

順番に説明していきますね。

 

交通手段について

飛行機や新幹線等の特急電車以外については、予約はいりません。

家から比較的近い場所への旅行をプレゼントする場合は、車で行くという手段もとれますし、あなたが一緒に行く場合には多少遠くても車を運転してあげて連れていってあげることも可能です。

 

ただし、飛行機や新幹線については、自分で予約が必要ですので、両親と相談し、日程や目的地が決まった段階ですぐに手配するようにしましょう。

 

せっかく日程も目的地も決まったのに、交通手段の予約ができなければとても残念です。

 

飛行機の予約については、直接ANAやJALの公式サイトで予約することもできますし、スカイスキャナーやトラベルコちゃんといった比較サイトもありますので、そこで予約するのも良いと思います。

ANA公式サイト(https://www.ana.co.jp/)

JAL公式サイト(https://www.jal.co.jp/)

スカイスキャナー(https://www.skyscanner.jp/)

トラベル子ちゃん(https://www.tour.ne.jp/)

 

飛行機を予約する際は安いからといって、格安航空会社(LCC)は辞めましょう!

普段使いとしては安く予約できるのでとても便利ですが、プレゼントとしては不適だと思います。

 

なぜなら、LCCには以下のようなデメリットがあるからです。

デメリット

・時間の選択肢が少ない

・機内サービスが有料

・座席が狭い

・座り心地が悪い

・遅延が多く発生

・サービスそのものが悪い

 

全てが必ず当てはまるわけではないですが、ANAやJALなどの一般航空会社と比較すると、このようなデメリットを感じることが多くなります。

 

今回は両親への感謝を込めたプレゼントです。

 

多少値段が高てもANAやJALを使って予約しましょう。

 

また、交通手段を予約する時は、出発時間や到着時間にも注意しましょう!

 

出発は早すぎず、到着は遅すぎず、疲れすぎない旅行とすることをおすすめします。

 

宿について

宿の泊まり方ですが、あなたが一緒に行く場合は、3人1室、両親だけで行く場合2人1室になると思います。

3人1室の場合は、泊まれる宿も2人1室と違って多少限られてきますので、この点も考慮する必要があります。

 

そして、どういった宿を予約について、おすすめは「隠れ宿」

 

「隠れ宿」とは1日に泊まることができる人数が限られていて、宿泊者がとても少ないので、プライベート別荘のような特別な感覚を味わえる、素晴らしい宿の事です。
(隠れ宿について詳しく知りたい場合はこちらを見てくださいね!)

 

日本には様々な隠れ宿があり、最高の隠れ宿をプレゼントすることで、この宿が必ずサプライズプレゼントになります。

間違っても普通の大型ホテルや普通の旅館などをプレゼントするのは辞めましょうね。

 

宿に特別感を出す!

 

それが旅行をプレゼントする場合に一番重要な事です。

 

 

食事について

食事については、泊まる宿に朝食と夕食がついていれば、わざわざ予約する必要がないので、とても便利です。

 

ただし、その場合は、夕食については必ず美味しい料理が食べられる宿にしましょうね!

 

隠れ宿を選ぶという目線で宿を予約できれば、この点はほとんど解決されるとは思いますが。

1日数組限定の隠れ宿で美味しくない普通の料理が提供されていたことは、今までの経験上あまりありません。

 

しかしながら、夕食が提供されていない宿も多数ありますので、その場合は事前に夕食場所を決めておく必要があります。

 

夕食場所を決めるポイントは

ココがポイント

・地元の食材を使った地元料理が食べられること

・評判が良いこと

・雰囲気が良いこと

・宿から近いこと(できれば徒歩で行ける範囲)

です。

 

全部が全部合致するものを見つけるのは難しいかもしれませんが、なるべくこれらのポイントに合致した店を選びましょう!そして、必ず予約するようにしましょう!

 

1泊2日の時には1日だけ、2泊3日の時は2日分の店を探して予約する必要があります。

 

あれ?昼食は?と思ったかもしれませんが、昼食については基本的には決める必要はないと思います。

 

昼食まで決めてしまうと、旅行中の行動がかなり制限されてしまいます。

 

昼食は両親に完全任せるか、いくつか候補をピックアップして教えておく程度で良いと思います。(一緒に行く場合は事前にリサーチしておいて、その日の状況にあわせて決めることができます。)

 

以上が予約内容と注意点についてです。

 

最初は難しく感じるかもしれませんが、いざやってみるとそれほど難しいものではありません。

 

 

おすすめの旅行場所について

おすすめの旅行場所といっても、好きな場所嫌いな場所があると思いますので、実際にはプレゼントをする両親にしっかりと確認した方が良いと思います。

 

とはいうものの、僕のおすすめの旅行場所と内容について簡単に説明しておきますね!

 

僕がおすすめするのは「2泊3日沖縄旅行」です。

 

なぜ沖縄をおすすめするのか?

 

のんびりできるからです。

 

余程沖縄が嫌い!ということでない限り嫌な思いをする人はいないと思います。

 

もう両親は歳だから、遠いところに行くのは疲れると思う・・という人も大丈夫です。

 

僕が提案するショートトリップについては、疲れについてはほとんど感じないよう工夫しています。

 

それでは簡単ですが、どんな旅行か中身について

 

参考

1日目

13時頃沖縄到着。

空港でレンタカーを借りて、そのまま宿へ直行。

宿到着後、宿でのんびり。

18時半に予約していた近くの夕食場所へ(徒歩で行ける範囲)

夕食後は宿へ戻ってゆっくり。

2日目

朝はゆっくり起きて、宿で朝食。

その後、自由に過ごす。

18時半に予約していた宿の近くの夕食場所へ(1日目とは異なる場所)

夕食後は宿へ戻ってゆっくり。

3日目

朝はゆっくり起きて、宿で朝食。

飛行機は14時ごろ出発のため、それまで自由に過ごす。

18時には家に到着。

 

いかがでしたか?

ほとんどノープランの感じがしませんか?

 

このプランを聞いた時、多くの人が感じるのが、

「楽しいの?」という事かもしれません。

 

たしかに予定が何も入っていないので、観光目的の旅行ではないかもしれません。

けれども旅行というのは観光することだけではありません。

 

普段できないようなのんびりと暮らす生活をしてみたり、朝はゆっくり起きて美味しい朝食を食べてみたり、宿の周辺の心地よい場所をのんびりと散歩してみたり。

 

そういうのも「旅行」なのです。

 

そして、そういう旅行って満足度もとても高いです。

 

そして、もし、何か予定を入れたい場合には2日目に入れられるだけの時間はあります。

 

このくらい自由に決められる旅行が一番楽しいと思います。

 

そして、旅行による疲れもほとんどありません。

 

今回紹介した旅行のプランはあくまでも参考です。

ただ、これくらいゆったりした旅行でも十分に楽しいという事をわかってもらうために示しました。

 

ぜひ、参考にしてくださいね!

 

なお、このようなプランを楽しくするには「隠れ宿」の予約がとても重要になります。

絶対に宿選びを手抜きしないようお願いします!!

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

両親に旅行をプレゼントする実感が湧いてきましたか?

 

もう一度ポイントをまとめておきます!

 

ポイント

・旅行をプレゼントする場合は事前に両親にその旨を伝える

・旅行の中身(宿や食事)でサプライズを計画する

・旅行日数は1泊2日か2泊3日がおすすめ

・予約する内容は、交通手段・宿・食事のみで良い

・食事は人気のある場所の場合は必ず事前に予約しておく

・行き帰りの時間については早すぎず遅すぎず最適な時間を選ぶ

 

 

旅行をプレゼントするのはなかなかできる事ではありません。

 

だからこそ、本当に楽しい幸せな旅行をしてもらう事に価値があります。

 

最後に1点だけ。

 

旅行をプレゼントする時は、とにかくのんびりとした旅行となるように計画しましょう。

あれもこれもやってもらいたいと思って、予定を詰めすぎる事だけはしないように注意してくださいね。

 

あくまでも目的は両親に喜んでもらうこと。

 

あなたから旅行をプレゼントしてもらっただけでとても嬉しいはずです。

 

ぜひ、一度チャレンジしてみてくださいね!

なぜ家族4人の沖縄旅行がわずか5万5千円で行けるの?その理由はこちらから↓

-旅行の悩みを解決

Copyright© ショートトリップの神さま , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.