odapla10

旅行のテンプレート

旅行のテンプレート(ODAPLA 石垣島Ver.)

2泊3日沖縄旅行(石垣島白保地区Ver.)

  • 行き:大阪(関西国際空港)8:35出発 ⇨ 石垣島11:10着
  • 帰り:石垣島11:50出発 ⇨ 大阪(関西国際空港)14:10着
  • 宿泊:しらほハウスhttps://www.shiraho-house.com/
    1泊10,000円〜
    那覇空港より車で約8分
  • 夕食ばさなり食堂https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470501/47006702/) 
    定食屋
    平均予算 約3,000円/人

    宿より徒歩で約13分
  • 昼食旬家ばんちゃんhttps://www.bantyan.com/
    定食屋
    平均予算 約1,800円/人
    宿より車で約2分,徒歩で約10分
  • 観光:しらほ日曜市(日曜の10時から13時のみ開催)
    宿より徒歩で約7分
  • その他:レンタカーなしでもOKですが、あれば他の観光地も回れる

ポイント

今回のODAPLAは、石垣島への2泊3日の旅行です。

沖縄県の石垣島は、八重山諸島の島で、沖縄といっても沖縄本島からも約400kmも離れています。

人口は約4万9000人。沖縄県内では3番目に大きな島ではありますが、車があれば短期間で一周することも不可能ではない島です。

石垣島の海は本島とはまた違った美しさを持っており、海外のダイバーからもとても人気のある観光地となっています。

飛行機の時間について

石垣島への直行便は、大阪からの場合、関西国際空港からしかなく、またANAに限定すると時間帯も今回のODAPLA通りの便しかありません。

そのため、出発の日は比較的早く空港に行かなければならず、帰りについてもかなり早い便で帰らなければ行けません。

帰りについては、もう少し滞在時間を長くとりたいという人は、ANAではなくJALを利用することで、20時出発の飛行機があります。ただし、この1便のみです。

ちなみに、羽田空港の場合は、もう少し柔軟に様々な時間帯の飛行機があります。

こういう点を比較すると、まだまだ羽田空港の方が利便性は良いなと感じます。

関西在住で、時間を選んで石垣島に行きたい場合は、本島経由で行くのも一つの方法かもしれません。

宿について

しらほハウスは、まさに大人の隠れ宿としてぴったりの宿です。

しらほハウスの詳細については、下記記事を確認してくださいね!

CHECK
しらほハウス
「しらほハウス」について

石垣島にあるこじんまりとしたおしゃれな隠れ宿 「しらほハウス」 決して高級宿ではありませんが、まるで自分の理想の別荘地にいるかのような穏やかな時間と非日常を味わえるとても素敵な宿です。 基本情報 【所 ...

夕食について

ばさなり食堂は、おばあが一人で切り盛りしているお店ですので、時間がなくてすぐに食べて帰りたい!という人には向かないお店かもしれません。

また、人によっては愛想が悪いと感じられることもありますので、接客を重視して夕食を食べたいとい人は行かない方が良いかもしれません。

けれども、料理はとても美味しく、地元の人で賑わっているお店です!

慣れている人は、自分でコップや氷を出して、食器を下げています。

こういった地元の居酒屋ではなく、もう少しおしゃれな雰囲気のお店が良い!という人は宿からは少し遠くなりますが、

南イタリア料理ソレマーレ
http://www.solemare-jp.com/

がおすすめです!

昼食について

ばんちゃんは、まず予約して行った方が良いほど、人気のお店です!

外観は普通の民家のようなお店ですが、内装はとてもシンプルながらも清潔で爽やかな雰囲気のお店です。

昼食のおすすめ店としてあげていますが、実は午前8時30分から営業しており、朝食も食べられるお店です。

接客も素晴らしく、メニューは「あさごはん」と「ひるごはん」の決められた2種類のみ

地元の食材をふんだんに使用したそのメニューは、とても愛情が込められているのがわかるほど、美味しく感動的な味です。

 

なぜ家族4人の沖縄旅行がわずか5万5千円で行けるの?その理由はこちらから↓

-旅行のテンプレート

Copyright© ショートトリップの神さま , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.