看板

旅行記(ちょび旅)

バーベキューやドッグラン、アスレチック等なんでも楽しめる六甲山カンツリーハウス!

六甲山にある六甲山カンツリーハウス!

カンツリーハウス

バーベキューやドッグラン、アスレチック、宝探しゲーム、パターゴルフ、魚釣り、芝スキーなど子供に嬉しい遊びがたくさんある六甲山カンツリーハウスに4歳の子供と1歳の子供と行ってきたので、独自の視点で紹介しますね!

 

アクセスについて

アクセス

住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲山4512-98

電話:078-891-0366

最寄駅:六甲山頂駅(出口)からカントリーハウス駅までバスで約10分
(バスは1時間に2本程度)

僕は車で行ったのですが、大阪市内からの場合、道が空いていれば約1時間で到着します。

六甲山の周りは公共交通機関もある程度は発達していますが、バスの待ち時間を考えるとやはり車で行った方がとても便利ですね!

ただし、六甲ケーブルはとてもおしゃれで乗っていて楽しい電車です!

車で行って、あえて六甲ケーブルに乗るだけでも楽しいかもしれません。

 

入園料について

大人(中学生以上) 620円/小人(4歳~小学生) 310円/ワンちゃん1頭 100円 

となっています。

詳しくは下記の公式HPをご確認ください。

https://www.rokkosan.com/country/operation/

 

ワンちゃんもお金がかかってしまいますが、
六甲カンツリーハウスはワンちゃんもかなり楽しめるよう工夫された場所ですので、お金を払っても納得の場所です。

また、入園料以外にも、園内遊具に料金がかかってきます。

代表的なものですと、

遊具料金

・魚釣り:1セット1000円

・わんぱくスキー:1台600円(15分間)

・ペダルボート:1台650円(10分間)

・ゴーカート:1周650円

 

1つだけ乗ったとしても結構なお金がかかってきますので、たくさん乗りたい場合は、遊具フリーパスがおすすめです!

遊具フリーパスは2種類あり、

お手軽パス:2000円/人

満喫パス:2500円/人

となっています。

お手軽パスと満喫パスの違いは、乗れる遊具の数。

満喫パスは全ての遊具(一部の別途お金が必要なものを除く)に乗れますが、お手軽パスは「ゴーカート」、「バブルボール」、「アクアチューブ」の3種類に乗れません!

個人的には、ゴーカートやバブルボールはかなり楽しめると思いますので、満喫パスを購入することをおすすめします!

そして、4際以上の小さな子供を連れて行く場合には、その子供の分だけ満喫パスを買うが良いですよ!

ほとんどの遊具が付き添いという形で親(1名)も一緒に体験することができます!

つまり、満喫パス一枚で、家族全員が遊具を楽しむことが可能です!!

 

園内遊具を紹介します

さて、ここからは実体験に基づく代表的な園内遊具について説明します!

 

魚釣り

魚釣りは、中央入り口を入って東側に進んでいくと大きな池が見えてきます。

道があまり綺麗に整備されていないので、ベビーカーは少し辛いかもしれませんね。

釣竿とエサ、ピグを貸してもらえるので、池の周りの好きな場所で鯉釣りを楽しむことができます。

我が家は屋根と椅子がある場所で楽しみました!

 

鯉釣り

ほとんどの家族がこの場所で釣りを楽しんでいましたが、正直ほとんど釣れていませんでした。

看板にも「夏場なので、あまり釣れなくなっています」という注意書きがありましたが、全くその通りで我が家も1匹も釣れませんでした。

周りには15家族程度いましたが、釣れていたのは1家族だけ。

なかなか難しい状況でした。

けれども、我が子はそれなりに楽しかったようで安心しましたが、満喫パスでなければちょっと勿体無いなぁという印象でした。

 

ペダルボート

中央入り口からすぐの場所にある遊具です!

定番のボートですね。

満喫パスの子供と大人との2名で楽しむことができます!

ペダルボート

面白いのが、ボートに乗っていると鯉がたくさん集まって来ること。

おそらく、鯉のエサを買うことができる自動販売機が近くにあるので、そのエサを買ってこのボートに乗る人が多いため、鯉が学習しているのだと思います!

10分間の制限時間でしたが、疲れてしまったので、早めに切り上げましたが、とても楽しかったです!

ペダルボート2

 

わんぱくスキー

所謂、芝滑りです。

制限時間は15分間ですが、僕が行った時は人数も少なかったため、制限時間に関係なく、何回も滑ることができました!

スピードもそれほど出ない安全仕様になっているので、4歳の子供でも一人で滑ることができ、とても楽しめました!

わんぱくスキー

 

ゴーカート

ゴーカート1

子供に人気の遊具です!

4歳の子供の場合、運転自体が禁止されているため、付き添ったとしても大人が運転かもしくは膝の上に乗せての運転となります。

とはいうものの、とても楽しかったようで、合計4回も乗りました!

最初はとても混んでいたため、乗るのに30分近くかかりましたが、1回目の乗車後、近くで宝探しイベントが開始されたため、一気に人がいなくなり、その後は連続して乗ることができました!

ゴーカートに何回も乗りたい場合は、このようなイベント時間を狙うのがおすすめです。

 

ゴーカート3

 

この他にも様々なアトラクションがあります!特に、我が家は子供が小さいため行きませんでしたが、園内のアスレチックはすごい人気でした!(園外にもとても人気のアスレチックがあります!)

園内の食事について

園内で食事できる場所は2箇所しかありません。

とはいうものの一つはバーベキュー場ですので、それ以外の人はというと1箇所しかありません。

我が家はバーベキューを目的として行っていませんので、「アルペンローゼ」という食事場所で昼食を食べました!

昼食については可もなく不可もなくといった感じですかね。

カレーラーメン

冬はスキー場として利用しているので、まさにスキー場での食事をイメージしてもらえれば分かり易かと思います。

食事所

値段は結構高めですので、高いお金を払って普通の食事をしたくないという人は弁当持参が一番良いと思います!

園内には座って食べるところがたくさんあります。

テントを持参している人もたくさんいましたよ!

個人的には次に行く場合は、弁当を持って行こうと思います。

 

最後に

いかがでしたか?

六甲山カンツリーハウスについて、体験してきた印象をお伝えしました!

総合評価としては、行って良かったなぁという印象です。

特に、子供がとても楽しんでいたのが嬉しかったです。

また、真夏にも関わらず気候もとても快適で、日が当たる場所はやはり暑いですが、木陰はとても快適でした!

また、綺麗な芝生や綺麗な花々は見ているだけでとても癒されます!

芝生

 

行ったのがお盆の時期だったのですが、午前中は比較的人が空いていました。

もし行く際には、早めに行くことをおすすめします。

オープンは10時からですが、9時45分くらいから入れてくれます。

我が家は9時40分頃に着きましたが、その時で駐車場は結構一杯でした!

また、中央入り口から入るといきなり急な階段を降りる必要があるので、西入り口から入場することをおすすめします!

 

様々なアクティビティが体験可能な六甲山カンツリーハウス!

ぜひ家族で行って楽しんでもらえればと思います!

なぜ家族4人の沖縄旅行がわずか5万5千円で行けるの?その理由はこちらから↓

-旅行記(ちょび旅)

Copyright© ショートトリップの神さま , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.