旅行の悩みを解決

旅行が疲れる?苦手?眠れない?旅行に不安な思いを持っているHSPにおすすめの旅行方法とは?

色々なことが気になって落ち着かない。

ちょっとしたことで落ち込みやすい。

こういったHSPにとって、「旅行」は決して喜ばしいものではないと思います。

旅行好きの人はHSPと無縁と思うかもしれませんが、決してそんな事はありません。旅行好きの中にも様々なタイプの人がおり、その中にはHSPながらも旅行を十分に楽しんでいる人もいます。

なにを隠そう、オダギリ自身もどちらかと言えばHSPよりな気がしています。

実際に診断結果でも、HSPの可能性があると出ています。

ここでは、自分自身がHSPだと感じている人で、旅行について「疲れる」・「苦手」・「不安」・「眠れない」・「嫌い」といったネガティブな感情がある人に、とっておきのおすすめの旅行方法をお伝えします!

旅行の仕方次第で、誰でも旅行は絶対に楽しむことができます!

HSPが旅行に不安や苦手意識が持つ主な理由

HSPのあるあるかもしれませんが、HSPが旅行に疲れたり、不安・苦手意識を持つ理由は以下のような点が挙げられます。

  1. 移動中や旅行先での人混みに疲れてしまう
    旅行と言えば「人混み」と思っている人も多いかもしれませんが、繁忙期などに旅行に行くと、どこもかしこも人が多いみたいな状況になる確率は格段にあがります。移動中も含め、観光地など、ほとんどの場所で人が溢れ、非常に疲れてしまいます。HSPにとっては、人混みなどの人の多さは天敵です。
  2. 人とずっと一緒で疲れてしまう
    旅行中はどうしても人と一緒の時間が長くなりますよね。長くなるどころか旅行の仕方によってはずっと一緒ということもあります。HSPにとっては、どんなに仲の良い友達であっても、ずっと一緒にいると疲れてしまいます。

  3. 知らない環境に対する刺激に疲れてしまう
    旅行はほとんどの人にとって慣れない・知らない環境に行くことになります。慣れない環境でご飯を食べ、慣れない環境で観光をし、慣れない環境で眠ることになります。HSPにとっては、こういった状況では1日中刺激を受け、落ち着く時間がありません。刺激を求めて旅行に行く人にとっては最高の環境かもしれませんが、HSPにとっては苦痛以外のなにものでもありません。

  4. 旅行先でなにかあったらと心配しすぎる
    旅行先では何が起きるかわかりません。HSPにとっては、こういった予期不安が非常に疲れる原因になってしまいます。繊細さやきめ細かさが特徴の一つとしてあるHSPは、「もしここで雨が降ってきたら」とか「もし飛行機に乗り遅れたら」とか「もしお店が閉まっていたら」とか「もし怪我をしてしまったら」とか、様々な心配を抱えてしまいます。

このように、HSPは旅行に行く前から、行っている途中も含めて、四六時中様々な刺激を受け、旅行すること自体疲れてしまうのです。そして、旅行に対して苦手意識や不安、嫌いな感情を抱いてしまい、旅行に行きたくなくなります。

でも、実際はHSPにとって、旅行は相性が悪いものではないんですよ!

HSPと旅行は実はとっても相性の良いものです!

実は、僕自身はHSPと旅行は旅行の仕方次第で、非常に相性の良いものに変わると思っています。

どういった旅行方法が良いかについては、次の段落で説明しますが、まずはなぜ相性が良いかを説明します。

  1. 自分をとりまく環境のちょっとした変化にもよく気がつくなど感受性が豊か
    HSPはとても感受性が豊かです。ですので、他の人が感動しない景色や食事に、深く感動することができます。滞在先のホテルの窓からやさしく差し込む木漏れ日やさりげなく地元の食材を使われた繊細な料理、旅行先の人の何気ないやさしさなど、繊細だからこそ感動できる瞬間が旅行にはたくさんあります。
  2. 想像力豊かさにより旅行前から旅行を楽しめる
    HSPはとても想像力豊かですから、その特徴を活かして旅行前から旅行を楽しむことができます。もちろん「旅行=楽しい」という概念がないとダメですが、その感覚さえ持つことができれば、旅行に行く前からあれこれと想像を膨らまして楽しむことができます。快適なホテルに滞在している自分や美味しい料理を食べている自分、のんびりと砂浜で寝転んでいる自分など、自分が好きな最高のシチュエーションを想像しながらわくわくすることが可能です。計画すること自体を楽しむことができますよ!
  3. 一つのことをじっくり深く楽しむことができる
    HSPは一度にたくさんのことをやると混乱します。つまり、逆を言えば、一つのことをじっくりと深く楽しむことができるのです。旅行においても、他の人が暇だとかつまらないと感じることでも、HSPはじっくりとゆったりと楽しむことができ、より充実した時間を過ごすことができます。あくせく観光地をまわるだけが旅行ではありません。違った旅行の楽しみ方が人の数だけあります。

このように旅行に苦手意識のあるHSPでも、旅行を十分に楽しむことが必ずできます。また、HSPに限らずどのような人でも旅行の仕方次第で、旅行を楽しむことができると僕は思っています。

人の数だけ旅行の方法がある。

僕は旅行に無限の可能性を感じています。

旅行が苦手・不安なHSPの人におすすめの旅行方法

さて、ここからは旅行が苦手・不安だと感じているHSPにおすすめの旅行方法を紹介します!

1.一人旅をする

HSPは誰かとずっと一緒にいるのが疲れるのですから、一人旅をすれば半分以上は解決ではないでしょうか。一番確実かつ簡単な方法かと思います。しかしながら、この解決策は個人的にはここでおすすめしたい方法ではありません。一人旅を否定するわけでは決してないですが、やっぱり旅行は誰かと一緒に行くことが多いですし、誰かと一緒に楽しみたいですよね!

という事で、これ以降は友人などの人と一緒に行く旅行を前提としたおすすめの旅行方法をお伝えします。

2.旅行の日数を短くする

旅行と言えば、国内旅行だったとしても3泊4日や4泊5日をイメージする人が多いのではないでしょうか?けれども、決して長い日数旅行に行くことだけが旅行ではありません。2泊3日や1泊2日でも、旅行は十分楽しむことができます。僕自身は自称ショートトリップ専門家としても活動していますが、旅行の8割は1泊2日の旅行です。1泊2日で沖縄や北海道もよく行きます。ショートトリップをやった事のない人からすると短いと思うかもしれませんが、決してそんな事はなく、工夫次第で十分に楽しむことが可能です。

できるだけ人と一緒にいたくないHSPにとっては、このショートトリップという旅行方法が絶対に合っています。

3.繁忙期を避けて、閑散期に旅行する

人が多いことが嫌なHSPは絶対に繁忙期を避けることをおすすめします。繁忙期を避けるだけで、移動時の人の多さや旅行先での人の多さを回避することができます。とは言っても、旅行ができるようなまとまった休みはみんなが旅行に行く繁忙期じゃないと取れない!という人もいるかもしれませんが、そこで活躍するのが「ショートトリップ」。1泊2日の旅行であれば、普段の土日で旅行することができます。例えば、沖縄旅行であれば、7〜9月(特にお盆シーズン)が繁忙期で、12〜2月が閑散期です。1泊2日をこの冬のシーズンに持って来れば、驚くほど人がいません。また、閑散期ですから、費用面も非常にお得になり、一石二鳥です。どうしてもマリンスポーツをしたいという人には厳しいですが、そうでない人であれば、冬の沖縄は最高ですよ!気温も20〜30℃と外をぶらぶら散歩するだけで最高に気持ちの良い気候です。

このように、所謂観光シーズンと言われる時期を避けるだけで、HSPにとっては楽しい旅行になります。

4.大型ホテルではなく、隠れ宿に宿泊する

多くの人が旅行で泊まるホテルは大型のホテルを選択します。それはインターネット等で「(観光地)、ホテル、おすすめ」で検索すると、大型ホテルを紹介した記事ばかりがヒットするからです。また、旅行会社経由で申し込んだ場合も、大型ホテルしか予約することができません。けれども、人の目が気になるHSPにとっては、できる限り不特定多数の人が宿泊している大型ホテルはおすすめしません。そうではなく、1日1組限定や数組限定の隠れ宿に泊まることをおすすめします。僕は「隠れ宿トラベラー」と名乗っているだけあって、様々な隠れ宿(特に、沖縄)に宿泊してきました。こういった隠れ宿はまるで自分の別荘地にいるような気分にさせてくれ、人目を気にする事なくのんびりとした快適な時間を過ごすことができます。本当に最高ですよ!自分で予約する必要がありますが、基本的には楽天トラベルや一休.com、Reluxといった有名な予約サイトから予約可能です。特に、一休.comやReluxは多少割高にはなりますが、質の高い隠れ宿が多数掲載されており、非常におすすめです!

5.しっかりと計画しておくが、予定を詰め込みすぎない

ショートトリップをする上で、旅行の計画はとても大切です。HSPは行き当たりばったりではなくしっかりと計画する人が多いので、「しっかり計画すること」自体は問題ないかと思いますが、計画の方向性には落とし穴があります。それは、何をするかのスケジュールの計画をしすぎることです。分刻みの計画を立てることで、何かトラブルが起きた場合に余裕を持った対応ができなくなってしまいます。そういったトラブルも想定して、あれこれ計画を立ててしまうのもHSPの特徴かもしれませんが、旅行では決して全てのスケジュールを綿密に計画してはいけません。しっかりとしたスケジュール計画ではなく、苦手な事を避けるための計画が大切です。レストラン選びであれば、できるだけ個室のあるレストランを選び、個室がとれるよう事前に予約しておく。何かアクティビティをするのであれば、他の人が参加できないような貸切のツアーを選ぶ。といった、事前に苦手なものを避けられる計画が必要です。これが、HSPにとって必要な、あれこれ心配した分刻みスケジュール計画ではなく、自分が苦手なものを避ける計画です。スケジュール自体はのんびりと余裕を持った計画にし、現地でのんびり考えるくらいがちょうど良いです。HSPはもともとのんびりとした時間を楽しむことができますし、そっちの方が良い旅行になること間違いありません。

究極の旅行方法がそこにはある

いかがでしたか?

HSPにおすすめの旅行方法についてお伝えしてきました。

旅行というのはこれといった決まった型があるわけではなく、人それぞれ自分が幸せだと思う形で楽しむことができるとても素晴らしいものです。旅行に対して不安や苦手意識があるHSPの人も必ず自分にぴったりの旅行方法が見つかると思います。旅行の事を嫌いにならず、ぜひ、ここで紹介した旅行方法であなたにぴったりの旅行方法を見つけてくださいね!

ところで、もしあなたにぴったりの旅行方法が見つかったとして、
その旅行がより安い値段で行くことができれば嬉しいのではないでしょうか?
普段予約している費用の半額以下で必ず行くことができれば何度も旅行にいけますよね。

そんな方法があれば、絶対に知りたいと思うはずです。

それが、僕が多くの人にお伝えしている「究極の国内旅行術」です。

僕自身が5年以上かけて体系化させて「究極の国内旅行術」は、旅行の質を落とさずにお得に幸せに快適に旅行に行く方法です。単純に安く旅行に行く方法ではなく、如何に幸せに旅行に行くかについて、旅行の計画の仕方等も含めて、旅行全般について広域的な視点で説明している旅行術です。この旅行方法を知れば、1回の旅行で間違いなく3万円以上はお得になるだけでなく、今まであなたが描いていた旅行のイメージが180度変わることは間違いありません。

特に、HSPにとっては、この「究極の国内旅行術」は相性抜群です!

ぜひ、あなたの人生を大きく変えたいという人は「究極の国内旅行術」を学んでみてくださいね!

「究極の国内旅行術」の詳細はこちらをチェック!

なぜ家族4人の贅沢沖縄旅行がわずか5万5千円で行けるの?その理由はこちらから↓

究極の国内旅行術

-旅行の悩みを解決

Copyright© ショートトリップの神さま , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.