旅行の悩みを解決

トイレが近い(頻尿)の原因は?ストレス?薬は必要?トイレが近いと心配な人へ、その治し方をお伝えします!

旅行に行って多くの人が困ることに「トイレ事情」がありますよね。

旅行中はなかなか自由にトイレに行けない事も多く、特に長距離移動する旅行やツアーなどに参加するとトイレが近い人は気になって旅行を十分に楽しめない人も多いと思います。

また、そもそもトイレが近いという理由で旅行をあきらめている人も多いのではないでしょうか?

トイレが近くて(頻尿で)悩んでいる人は、旅行だけでなく、私生活でもトイレの悩みを持っている人も多いです。

実は、僕自身も、トイレの悩みを持つ一人でもあります。

今回はそのような悩みを持っている人に向けて、今も旅行好きで多数の旅行に出かけている僕が考える解決策について、僕の過去の経験も含めて包み隠さずお話したいと思います。もちろん、旅行だけの解決策でなく、私生活における頻尿の悩みも含めて解決できる内容となっています。

この話を読んで、少しでも安心する人がいればと心から思います。

僕が「トイレ」を意識し始めたきっかけ

僕が「トイレ」を初めて意識したのは、10歳の時。

家族でシンガポールに行き、シンガポールでとても有名な「ナイトサファリ」というツアーに参加した時でした。

ナイトサファリは、トラムに乗って、園内をぐるりと回り、夜行性の動物を観察するイベントで、トラムに乗っている時間は約45分。僕はこの45分の間に、猛烈にトイレに行きたくなってしまいました。

原因はトラムに乗る前の夕食。夕食はブッフェ形式(食べ放題)で、そこで大量の果物を摂取してしまった事が原因でした。メロンやスイカなど水分を多く含む果物を大量に摂取したことで、トラムに乗って15分後、我慢できない程の尿意に襲われ、僕はもう動物を見るどころではなくなってしまいました。

トラムはゆっくり進むため、何度ここで降りてトイレに行こうと思った事か(実際にはどこにトイレがあるかわかりませんし、動物達との間に柵もない場所ですので、降りていれば非常に危険だったと思います。)。親にあともう少しだからと何度も言われ、限界に達しながらもなんとか耐えきることができました。

僕はこの経験から、トイレに行けない環境になる前には、果物を摂取することをやめました。

そうする事で、僕のトイレに対する心配は完全になくなりました。

果物さえ摂取しなければ、トイレに行きたくはならない!そういった確信が僕の中にはありました。

けれども、ここから20年以上もトイレに悩まされることになるとは、この時は思ってもいませんでした。

果物だけじゃない!僕を悩ますトイレ事情

果物さえ摂取しなければトイレは大丈夫!という認識の中、ほとんどトイレについては心配することもなく成長していき、無事に大学生になりました。

大学生になるとお酒も飲むようになりますよね。

比較的お酒に強かった僕は、飲み会で大量のお酒を飲み、

そして、大量にトイレに行きました(笑)
(汚い話ですみません。)

お酒は利尿作用が強いため、飲み会の時は多い時で30分に1回程度の割合で、トイレに行っていました。けれども、これはあくまでも飲み会だけの話。日常生活には支障はなく、旅行好きだった僕は、果物さえ取らなければトイレの心配もなく、大学時代には国内・海外問わず、様々な地域に出かけました。

しかしながら、この時から徐々に、僕のトイレ事情は変わっていきました。

時々、果物をとっていないのに、猛烈な尿意に襲われることが増えていきました。

原因を考えると、それはコーヒーや紅茶の摂取によるものでした。

缶コーヒーや缶紅茶は特に利尿作用が強く、お酒を飲んだ時と同様のレベルで、猛烈な尿意に襲われます。

今まで果物だけと思っていた僕に、さらに摂取できないものが増えた瞬間でした。

その後、コーヒーや紅茶だけでなく、カフェインが比較的多く含まれる、緑茶やほうじ茶なども、同様の現象が見られるようになってきました。

とはいうものの、あくまでもトイレに行けないような環境の時のみ摂取するのを控え、それ以外については普通に摂取していました。

心因性頻尿になってしまった!?

摂取すればトイレに行きたくなる食べ物や飲み物が増えてきたものの、旅行や日常生活にはそれほど支障はなく、大学を卒業し、社会人になりました。

初めて会社で働くという日常にわくわくと心躍りながら、活躍してやる!という強い気持ちで一生懸命仕事に取組んでいました。もちろん、トイレの事など全く気にせず。

しかし、遂にこの時がやってきたのです。

それは、会社の上層部が集まる重要な会議の場の出来事でした。

午前10時から12時までの会議の最初の30分で、急に尿意を感じはじめました。それは、単なる尿意ではなく、あの果物やコーヒー、紅茶などを摂取した時と同じ尿意でした。案の定、そこから30分ほどで、さらに強い尿意となり、冷や汗が止まらなくなってきました。会議はあと約1時間。パニックに近い心理状態とともに、僕は耐え続けました。本当は席を立ってトイレに行けばよかったのかもと思いますが、偉い人達が集まる会議で、下っ端の僕が席を立つことはできませんでした。もう限界・・、そう感じ始めた時、運よく会議は予定よりも15分ほど早く終わり、僕はすぐにトイレに駆け込みました。

この経験をしてから、僕のトイレに関する認識が大きく変わってしまいました。今までほとんど意識しなかった会議についても、トイレが心配になってしまいました。会議だけでなく、その場を離れられないような重要な場に行く際にも、トイレの事が頭から離れなくなってしまいました。そして、解決策として、水分を極力摂取するのをやめました。それにも関わらず、トイレに行けないような環境ではトイレに行きたくなり、トイレの事が頭から離れなくなってしまいました。

これが、所謂「心因性頻尿」です。

本来、トイレに行かなくてもよい状況にも関わらず、トイレに行けなくなるという心配から精神的に頻尿になってしまう現象です。

この「心因性頻尿」がここから僕を悩まし続けます。

今まで普通にできていた事ができなくなる!?

この「心因性頻尿」になってしまったことで、僕はできない事が増えていきました。

実際にはぎりぎりできていたのですが、トイレの事を考える機会が増えてしまったのです。

通勤時の電車に始まり、映画館や美容院などに置いても、トイレに行けなくなってしまったらどうしようという心配な思いから、事前にトイレに何度も行ってしまうという状況になっていました。

普通に考えればあり得ない状況ではありますが、「心因性頻尿」のひどい人はここまでの症状なのです。もっとひどい人もいるかと思います。

電車については、乗り換える度にトイレに行かなくては気が済まないようになってしまいました。

そして、それはもちろん僕の大好きな旅行にも影響してしまいます。

飛行機に乗る前、乗ってから、着陸前、着陸後。必ずトイレに行かなければ、心配でしょうがなくなりました。あれほど大好きだった飛行機も、不安で不安でしょうがなく、居心地の良い空間ではなくなりました。車での旅行もどこにトイレがあるのか常に心配するようになりました。

最も状況が悪い時には、トイレに行けなくなる事を想像して、パニックになる事もありました。

本当に最悪の状況でした。

なんとか治そうと病院に行ったり、漢方の専門店に行ったりしましたが、どれも解決するものではありませんでした。

 

ここまでが、僕がトイレを意識し始めた時から、最悪の状態になるまでの話です。

さて、この最悪の状況を僕はどのように乗り切ったのか?

前振りが非常に長くなってしまいましたが、ここから僕の心因性頻尿の治し方について説明したいと思いますが、その前に頻尿の原因について少しだけ書きたいと思います。

頻尿の原因はいくつもある!?

僕は専門家でもなんでもありませんので、あくまでも自分が知っている事だけを書きますので、詳細は病院などの泌尿器科に行って専門家に相談することをおすすめします!

あくまでも参考程度に考えてくださいね。

頻尿の原因は、精神的なものと肉体的なものがあります。

精神的なものについては、先ほどから言っている「心因性頻尿」です。トイレに行けない状況に不安になって、何度もトイレに行きたくなってしまう症状です。ひどいものでは、長時間電車に乗れない人もいるようです。

肉体的なものにはいくつかあって、膀胱が自分の意思とは関係なく勝手に収縮する「過活動膀胱」や膀胱炎や前立腺炎といった炎症による「尿路感染・炎症」、糖尿病などの内分泌疾患による「多尿」などが主な原因かと思います。

実は、僕自身は「心因性頻尿」だけでなく、「過活動膀胱」と「多尿」の症状もあると思っています。

というのも、「心因性頻尿」の人は、何度もトイレに行きますが、尿の量はそれほど多くありません。けれども、僕自身は、尿の量が多い時も多く、また精神的に追い込まれていない時(トイレに普通に行ける環境)でも、強烈な尿意に襲われることがあったためです。

おそらく、トイレに悩まされる多くの人が、複数の原因を持っていると思います。

もともと心因性頻尿を引き起こす原因は、トイレに行きたくなったことが原因なので、きっかけは必ず肉体的なものです。

という事で、「心因性頻尿」、「多尿」、「過活動膀胱」の3つの症状を持っていた僕が、これらの症状を緩和させた解決策(治し方)について、説明します!

僕が考える頻尿の治し方!

1.利尿作用の強いものは摂取しない

これは当たり前の事ですね。少なからず旅行でトイレを心配してしまっている人は「心因性頻尿」の可能性があります。ですので、ただでさえトイレに行きたくなってしまう利尿性の強いものを摂取するのはやめましょう。

僕は飲み物については、必ず「水」か「麦茶」です。

麦茶はカフェインも含まれないので、利尿作用もなく、トイレが気になる人にはおすすめの飲み物です。

トイレにいつでも行けるような環境の時は、大好きなカフェイン入りの飲み物を気にせず飲んでいますが、日々の生活の基本は「麦茶」です。

注意しないといけないことは、旅行に行く前日も利尿作用の強いものは摂取しないようにしましょう。

僕の経験からは、前日にお酒やコーヒー、紅茶を飲んだ時には、次の日の午前中くらいまでは、利尿作用が継続しています。これは人によるかもしれませんが、ぜひ一度試してみてください。

2.適度な運動する!

運動は頻尿のためだけではないですが、適度な運動をし始めてから、症状は軽くなりました。僕は社会人になってから、ほとんど体を動かすことをしていませんでしたが、今まで電車に乗っていた区間を30分程度歩くことから始め、筋トレも行うようにしました。

この運動がどれほど頻尿に効果があるかはわかりませんが、個人的には良い方向に影響を受けていると思います。例え、関係なかったとしても、健康面から考えると明らかに良いことですし、全く運動していない人は、ぜひちょっとした運動からはじめることをおすすめします。

3.甘いものを食べるのを辞める!

全員に当てはまるかはわかりませんし、実際に本当に解決策なのかはわかりませんが、先ほど「多尿」の所で糖尿病が原因ということを書きました。糖尿病、つまり糖の取りすぎです。

糖尿病の人はもれなく大量に水分を摂取するそうで、僕は糖尿病ではありませんでしたが、冷静に考えると明らかに周りの人より水分を大量に取っていることに気づきました。

そして、水分だけでなく、お菓子も人よりも大量に摂取していました。

朝はジャムをたっぷりつけた食パン。
仕事中はチョコレートを10個以上。
家に帰ってきてからはシュークリームなどの甘い洋菓子。

これを10年以上続けていました。若さゆえ糖尿病にはなってなかったのかもしれませんが、身体を蝕んでいたのは確かだと思います。

お菓子を大量に食べる大量に水分を摂取トイレが近くなる
といった悪循環になっていたのかもしれません。

また、単純に砂糖自体が身体に良い物ではありませんので、砂糖を大量に摂取することで、身体の機能を劣化させる原因になっていたのだと思います。(勘違いのないように言っておきますが、糖質は身体にとってある程度必要なものです。とってはいけないものはあくまでも砂糖です。)

これら甘いものは中毒症状のあるものですので、一気に辞めることはできません。一度、一気に食べることを辞めてみましたが、わずか3日ほどで、ストレスを感じ我慢できなくなってしまい、逆にいつもより大量に食べてしまいました。ですので、最初は、カカオ成分の高い苦めのチョコレートのみを食べながら、徐々に摂取量を減らしていくという方法を取ることにしました。

その結果、今では甘いものはほとんど摂取していません。仕事中はカカオチョコ3~5個ほどで、休みの日は全く食べません。そのおかげか、体重も5kgほど落ちて、身体も心も軽くなりました。

4.腸内環境を整える

腸内環境も「頻尿」にどこまで効果があるのかはわかりません。あくまでも、体調を整えることで、精神的にも楽になり、精神的なものから寄与している「心因性頻尿」の解決につながるかも?くらいのものと考えてください。けれども、腸は脳と密接に関係しており、腸を整えるだけで、うつ病などが良くなるというデータがあるほど、腸は重要な器官です。僕は実際に腸内環境を整えたことで、風邪をひきにくくなるなど日々の体調が非常によくなりました。

僕が腸内環境を整えるために摂取したのは、食品ではなく「サプリ」です。世の中には安い物から高い物まで様々なサプリがありますが、基本的に宣伝のための広告費がかけられているものやアフィリエイトのようにそのサプリをすすめた人に手数料が入るようなものは良くないと思っています。本当に良いものは、宣伝しなくとも買ってくれる人がいますし、広告にかける費用をより良い商品の開発にかけることを行っています。

そういった条件にあてはまるものが、僕が摂取している「コンプリート・バイオテック」というサプリです。値段は決して安くないですが、非常に品質の高いサプリです。このコンプリート・バイオテックは、クレア・ラボ社が低アレルゲン環境下で培養した12種類のプロバイオティクスを1カプセル中に250億円以上含有し、胃腸の健康をサポートしてくれるものです。

間違いなくおすすめできるものですので、気になる方はぜひ一度飲んでみてください!決して僕に紹介料が入るものではありませんw

ただし、少なくとも1ヵ月~2ヵ月は続けてみてから、様子を見てくださいね。急激に変化するものではないですので、1~2日飲んだだけでの判断はもったいないです。

旅行方法も変えてみる!

さて、ここまで頻尿の解決策という事で、体調面を整えて健康になることをおすすめしてきました。

私生活の解決策としては上で述べた事で良いと思いますが、旅行に関しては、さらに、視点を変えた解決方法もあります。

それが、旅行方法を変えてみるという事です!

旅行に行ってトイレが気になるという人は、自分がコントロールできる状況下にトイレがない事が問題の一つかと思います。それは、自分で行きたい時にトイレに行けないという事です。

つまり、時間が決められたツアーに参加したり、長時間バスに乗ったりなど、トイレに行ける時間が決められているからこそ、トイレが心配になるのです。

ですので、そういったツアーには参加せず、すべて自分で決める旅行に変更すれば良いと思います。海外旅行であれば、ハードルが高いかもしれませんが、国内旅行であれば決して難しい事はありません。

ただし、ツアーと違って、自分で手配する旅行は費用面が気になる人もいるかもしれません。

確かに、ツアー旅行はお得に行けるものが多く、自分で手配するよりも安く行けることが多いと思います。

けれども、僕自身は国内旅行については、ほとんどを自己手配で予約していますが、ツアー料金より高くなったことは一度もありません。むしろ、半額以下で行く事ができています。

その理由が「究極の国内旅行術」です。「究極の国内旅行術」は旅行の質を落とさずに、旅行費用を安くし、家族や友人、恋人、そして自分自身が幸せに旅行に行くための方法です。

気になる人はこちらをチェックしてみてくださいね!

ココをチェック!

まとめ

いかがでしたか?

旅行も含んだ私生活で、トイレが気になる人に僕の今までの経過と治し方についてお話しました。

本音を言うと、僕の「心因性頻尿」は完治しているわけではありません。今でもトイレがすぐに行けないような環境下ではトイレの心配をしてしまいます。

けれども、以前のように、我慢できなくなるような尿意に襲われたり、パニックになったりする状況はなくなりました。

やはり、身体の何かしらの不調は健康面・精神面の両方をケアしていく必要があると強く思っています。

人それぞれ様々な原因があり、一概には言えない部分も多いと思いますが、僕の経験が多くの人に役に立てば、とても嬉しく思います!

なぜ家族4人の贅沢沖縄旅行がわずか5万5千円で行けるの?その理由はこちらから↓

究極の国内旅行術

-旅行の悩みを解決

Copyright© ショートトリップの神さま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.