引用:公式サイト

お得情報 マイル・特典航空券 旅行の悩みを解決

ANAのトクたびマイルとは?使い方(予約方法)や路線、キャンセル規定など徹底解説!

「トクたびマイル」って知っていますか?

ANAのマイルキャンペーンの一つで、20195月に始まったサービスです。特定の区間に対して、通常よりも少ないマイルで予約ができてしまうというマイラにとってはとても嬉しいサービスです。

今回はこの「トクたびマイル」について、徹底的に解説します!!

3つの特徴について

ANAの公式HPにも書かれていることですが、以下の3つの特徴があります!それぞれの特徴に「トク」・「たび」・「マイル」という言葉を入れているとこがオシャレですよね。

1.少ないマイルでおトクに!

引用:公式サイト

毎週木曜日から1週間(予約期間は水曜日から1週間)という期間が定められており、片道3000マイルから予約が可能です。

2.毎週変わる対象路線の中から好きなたび先へ

引用:公式サイト

毎週火曜日の12時(正午)に路線が発表されます。急にここ行きたい!ってなった時にその路線がトクたびマイルに設定されていれば、さっと予約しておトクに行く事ができます!

3.マイルを使って今すぐ出かけよう!

引用:公式サイト

毎週水曜日の0時から予約が開始されます。そして、搭乗日の前日まで予約が可能です!

 

予約自体が行く日の直前にならないとできない事がデメリットかと思いますが、それでも上手く活用すれば、お得としかいいようがないサービスです。

例えば、事前に沖縄に行きたい日を決めておき、泊まりたいホテルなどは押さえておきます。この時注意が必要なのは、予約する宿は直前まで無料でキャンセルできる宿にしておくこと!万が一、トクたびマイルの対象路線に沖縄便がなかった時(対象から外された場合)には、宿をキャンセルする必要があるからです。

この点だけ気を付ければ、予約開始とともに、沖縄便を予約すれば良いだけです。宿はなんでもどこでも良い!という人でしたら、航空券を抑えてから宿を予約するのも良いかと思います。

具体的にどれくらいお得なの?

では、実際にどの程度お得なのでしょうか?

ANAの国内線の必要マイル数は最低で5000マイルです。これはローシーズンと言われる閑散期の便で、羽田空港~伊丹空港などの比較的距離が近い路線に対して、設定されている必要マイル数です。

これが、トクたびマイルの場合、3000マイルになる場合があります。

単純に計算すると40OFFで利用できることになりますよね。お得になったのは、たった2000マイルかもしれませんが、往復で4000マイル。4000マイルあれば、またトクたびマイルで片道予約できます。また、1人往復で4000マイルですが、家族4人の場合は16000マイルです。決して侮れないマイル数ですよね。

僕の好きな沖縄で考えると、通常伊丹空港~那覇空港の便で必要なマイルは、以下の通りです。

必要マイル数

H9000マイル
R7500マイル
L6000マイル

H、R、Lについてですが、ANAは期間別に3種類の必要マイル数を設定していて、Hは「ハイシーズン」、Rは「レギュラーシーズン」、Lは「ローシーズン」となっています。ハイシーズンは言葉の通り、多くの人が飛行機を利用して旅行に行く時期であり、ローシーズンはその逆の時期の事です。

これが、トクたびマイルを活用すれば、3000マイルになる時もあるので、とてもお得です!ただし、伊丹空港~那覇空港は過去の実績からレギュラーシーズンで4500マイルが多く、ハイシーズンで6000マイルが多いですし(以前、関空~那覇間で、ローシーズンで3000マイルがありました。)、ハイシーズンになれば対象外の路線となることもあります。

これは他の路線にも言えることで、人気のある路線のハイシーズンは必要マイル数が高めに設定されますし、そもそも対象外になることもあります。また、対象となったとしても、すぐに予約枠が埋まってしまい、予約できない事も多々あります。

代表例として、伊丹~那覇間について説明しましたが、だいたいのイメージとしては、全体として通常の必要マイル数と比較して、6070%くらいのマイル数で行けると思えば大丈夫です!

また、トクたびマイルの上手な活用方法として個人的におすすめなのが、トクたびマイルを活用する時期と場所を、時期ローシーズンとし、場所あまり人気のない路線にする事です。

僕は「隠れ宿トラベラー」を名乗っていますので、「隠れ宿」に泊まる事を旅のスタイルの一つとしていますが、この隠れ宿であれば、基本的に日本全国どこにでもあり(もちろん地域によって多い少ないはあります。)、行く場所を選びません。

引用:一休.com

ですので、人気のないエリアにローシーズンに行っても、全く問題なく、宿自体を楽しむ事ができます。

トクたびマイルの活用方法としてはとてもおすすめですので、ぜひ参考にしてくださいね!

予約方法

トクたびマイルの予約方法は至って簡単です。

まずは、いつも通り特典航空券を予約します。

今回は伊丹空港〜那覇空港の区間で予約をしてみます。

時間を適当に選んで、進めていくと、検索結果が出ます。

ハイシーズンですので、往復18000マイルと出ますが、これは通常マイルが反映されています。

このまま予約してしまうとこのマイル数での予約となってしまうので、注意が必要です。

次の搭乗者を選択したり連絡先情報を入力する画面を下にスクロールしていくと、キャンペーンを提供するかどうかを選択する画面が出てきますので、そこで「キャンペーン適用マイル」にチェックを入れて進んでください。

そうすると、往復で12000マイルとなりキャンペーンが適用されました!

注意点としては、このトクたびマイルキャンペーンの予約は、この説明の通りの手順で、インターネットから予約しなければいけません。通常の特典航空券であれば電話でも予約は可能ですが、トクたびマイルは電話での受付はしていません。

なお、キャンセルをする場合ですが、未使用の場合のみ払い戻し可能となっています。払戻手数料は1名・1区間につき3000マイルで、払戻手数料のマイル分を差し引いた上で、口座にマイルが払い戻されます。6000マイルの区間を往復で予約していた場合は、合計の12000マイルのうち半分の6000マイルのみが戻ってくる形です。

最後に

トクたびマイルは、マイラにとってとてもお得なサービスです。

ぜひ上手く活用して、旅行にお得に行ってくださいね。

ただ、あくまでも直前の予約になりますので、小さな子連れの家族旅行向けではありません。

小さな子連れで急に明日から旅行に行く!なんて、なかなかできませんよね。

ですので、普通に家族で旅行に行く場合は、トクたびマイルに固執せず、通常のマイルを活用しましょう!

マイルも旅行も全てにおいて言えることですが、あまりに何かに固執しすぎると、逆に失敗をしたり、旅行が楽しくなかったりとあまり良いことがありません。

ぜひ柔軟に様々なお得な制度を活用し、楽しい幸せな旅行を楽しんでいきましょう!!

なぜ家族4人の贅沢沖縄旅行がわずか5万5千円で行けるの?その理由はこちらから↓

究極の国内旅行術

-お得情報, マイル・特典航空券, 旅行の悩みを解決

Copyright© ショートトリップの神さま , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.