☆★☆究極の国内旅行術☆★☆

無料メルマガ講座の登録はコチラ

【注意事項】
※携帯のキャリアメールやプロバイダのアドレスでは受信できない場合がありますので、Gmailなどのフリーメールアドレスでのご登録をおすすめします。迷惑フォルダに案内メールが届く場合もありますので、登録後受信BOXにメールが無い場合は、迷惑フォルダもご確認ください。
※お客様の個人情報は同意なく第三者に開示することはございません。

いきなりですが、質問です!

家族4人での沖縄旅行。

あなたはその沖縄旅行にいくら支払いますか?


15万円?
25
万円?

いやいや、数年に1度の思いきった旅行。
最高の旅行にしたいから、30万円!

 

様々な意見があると思います。

 

その中で、僕の回答を発表しますね!

 

オダギリの回答

5万5千円

 

え?5万5千円!?
家族4人で!?そんな金額安すぎる!!

 

そう思いましたか?

 

けれども、これは

僕が実際に家族4人で沖縄に旅行に行った際の値段

です。

 

この質問については、旅行条件(旅行時期、日数、交通手段、泊まる宿等)によって、旅行代金は大きく変わるので、これが正解というものはありません。

 

けれども、多くの人が共通して思う事が、

同じ旅行内容であれば、できるだけ安い方が良い!

という事ですよね。

 

実際に、沖縄旅行にこの値段で行ければ、素晴らしいと思いませんか?

自己紹介

いきなり質問からはじめて、申し訳ありませんでした。

改めて、自己紹介をさせていただきますね。

 

隠れ宿トラベラーの小田桐 和良(オダギリ カズヨシ)です。

 

大型ホテルではない1日数組しか泊まることができない宿「隠れ宿」に泊まることを目的として、国内を中心として旅行を楽しんでいます。

 

普段は会社員として忙しく働きながら、二児の子どもを育てる父親でもあります。

 

物心ついた時には旅行が好きになっていて、
子どもの頃はよくここに行きたい、あそこに行きたいと親にお願いしていました。

 

物をねだるよりも、旅行をねだる。

 

そのような子どもでした(笑)

 

自分でアルバイトをしてお金を稼ぐようになってからは、なんとか暇を見つけては海外・国内問わず様々な地域に旅行に出かけました。

 

今まで行った場所は、海外20カ国、国内40都道府県。

 

行った国や都道府県の数としては、それほど大した事はないですが、旅行方法としての経験値は非常に高いと思います。

 

一人旅から、団体旅行まで、
観光旅行から、ファームステイのような現地滞在型の旅行まで、
大手旅行会社が提供する全てが組み込まれたツアーから、
行先もなにも決めずに自由気ままに旅するバックパッカー的な旅行まで。


様々なスタイルの旅行を経験してきました。

高級な旅行で5万5千円!?

さて、話を元に戻しますね。

 

沖縄旅行が家族4人で5万5千円。

 

もう少し詳しい内訳を説明すると、
航空券代+宿泊代(朝食含む)+レンタカー代の合計で、5万5千円です。

 

あなた
あ!わかった!
大手旅行会社で時々セール商品のように提供されている超お得な格安ツアーで申し込んだのでは?

 

確かに、大手旅行会社では時々スーパーセールのような激安ツアー商品が提供されています。

とはいうものの、家族4人でこの値段はなかなかないと思いますし、今回の場合はそうではありません。

 

あなた
そうか!
超お得な格安ツアーではないのなら、格安航空券と格安宿と格安レンタカーを個別に予約して申し込んだのでは?

 

ここまで考えた方は、きっと旅行が好きな方ですね。

確かに、格安系のものを上手く活用すれば、とても安い値段で行けるかもしれません。
(ただし、それでも5万5千円は相当難しい金額かと思います。)

けれども、後でも説明しますが、僕は家族で行く旅行の場合は、絶対に格安系を利用しません。

 

ですので、この案も違います。

 

ちなみに、この沖縄旅行は、
飛行機は正規航空会社であるANAを利用し、

宿は写真のような素晴らしい隠れ宿、



レンタカーは沖縄でも品質が高く評判の良いタイムズカーレンタルを利用。

格安どころか、どちらかというと
高級な旅をしています。

なぜ格安手段を選ばないの?

さて、先ほども少し触れましたが、
確かに格安航空券や格安宿、格安レンタカーを使えば、とても安く旅行に行く事が可能です。

 

良いタイミングを狙えば、
航空券は往復で1万円程度も十分あり得ますし、

宿は家族4人で1泊1万円以下の宿もたくさんあります。

レンタカーも1日3千円程度で借りられる会社もあります。

 

僕自身も、以前はできるだけ旅行費用を安く抑えようと思い、こういった旅行方法で様々な場所へ旅行に行っていました。

 

では、なぜ今は使っていないのか?

 

それは、

家族が喜ぶ旅行がしたい!

からです。

 

やはり安いものには、それなりの理由があります。

 

例えば、

LCCといった格安航空会社は、よく遅延がおこりますし、何かあった時の対応が悪い場合も多いです。

格安宿は、そもそも寝るためだけの設備が提供された施設も多く、居心地が良いものがそれほどありません。

格安レンタカーは、レンタカー自体がとても古いものが多く、内装も汚い状態で貸し出されることも多々あります。

 

全ての格安のサービスが悪いとは思いませんし、格安だとしても、とても努力されていて素晴らしいサービスを提供している場合もありますが、上で述べた内容は、僕自身がすべて経験してきた事です。

 

自分一人で行く旅行で、自分が納得していれば、それでも良いと思います。

 

けれども、家族と一緒に行く旅行に関して、そのような格安系ばかり予約していて、妻や子どもたちは喜んでくれるでしょうか?

決して快適とは言い難いサービスに対して嫌な気持ちになる旅行に、妻や子どもたちは喜んでくれるでしょうか?

 

こういった旅行は、決して家族を幸せにする旅行ではありません。

 

旅行の最も重要な点は、自分も含めて一緒に行く人を幸せにする事です。

大手旅行会社が提供するツアーは?

では、大手旅行会社が提供するツアーはどうなのでしょうか?
(※ここで言うツアーとは格安系プランを活用しているツアーではありません。)

 

僕の意見としては、不可ではないと思っています。

 

ただし、旅行会社が提供する商品は、旅行代金に必ず手数料が上乗せされていますので、自分で予約するよりも高い場合が多いです。

 

しかしながら、安い値段で大量仕入れができるという旅行会社の特権というものもあるので、時々セール商品のように、かなり安い値段で提供されているものもあります。

 

実際に条件を決めて、ツアーを検索してみますね。

条件

・大人二人と3際以上の未就学児二人の4人
・2泊3日の沖縄旅行
・レンタカー付
・繁忙期ではない月の平日(金曜日)出発

旅行条件としては、比較的安い値段になる条件かと思います。

 

値段が安い事で有名なある旅行会社で検索してみると、見つかったのがこのツアー。

 

合計金額は、158,000円

 

ホテルが比較的高級で人気のホテルですし、朝食2回と夕食も1回ついて、レンタカーもガソリン満タン不要の条件ですので、これでも比較的安いとは思います。

 

これを同条件で、自分で予約した場合は、

・飛行機:140,280円
 

・宿泊代:40,044円

・レンタカー代:11,400円

合計で、191,724円

という事で、この場合は、ツアーで予約した方が安い結果となりました。

 

もちろん、予約するタイミングや旅行時期、どの旅行会社で予約するかによって、旅行金額は大きく変わってくるので、ここでの結果が全てではありません。

 

結論としては、旅行会社での予約は、個人での予約と比較して高い場合も安い場合もどちらもあると思います。

 

けれども、

 

僕が予約している方法では、まず旅行会社の値段より高くなることはありません。

 

これが、僕が旅行会社では予約しない理由です。

旅行の成功は決して値段だけではない!

さて、ここまで「旅行費用」にばかり着目してきましたが、旅行の成功は決して旅行費用だけではありません。

僕が実際に行った5万5千円の沖縄旅行についても、もっと工夫をすれば、おそらく2万円以下でも行く事が可能です。

2万円以下と聞くととんでもない値段と思えますが、実はそれほど難しい条件ではありません。

 

けれども、なぜ僕はその条件で旅行に行かないのか?

 

それは、妻や子どもたちが喜ぶ顔が想像できないからです。

 

旅行費用を落とせば、旅行の質も落ちます。

 

どれだけ費用が安かったとしても、それは望ましいものではありません。

そして、旅行の成功は、飛行機や宿やレンタカーといった「ハード面」だけでなく、どう旅行を計画していくかという「ソフト面」もとても重要になります。

 

それら全てを考慮して、最適な旅行にする。

この考え方が、一番大切になります。

 

決して、旅行は値段が全てではありません。

 

さらに、この考え方は、
家族だけでなく、
恋人と一緒に行く時も、
友人と一緒に行く時も、
同じだと思っています。

 

一緒に行く人が、また行きたいと思える旅行でなければ、決してその旅行は良い旅行とは言えません。

僕の妻は旅行が嫌いだった!?

実は、僕の妻は、以前は旅行がそれほど好きではありませんでした。

それは、僕自身に大きな問題がありました。

 

僕は、今の旅行方法にたどり着くまでは、多少無理をしてでも、旅行費用を落とすことに必死でした。

僕自身はそのような旅行は嫌いではなかったのですが、一緒に行く妻は辛い思いをしていたそうです。

 

もちろん楽しい時間もあったそうですが、楽しさよりも辛い気持ちが勝っていました。

 

旅行はお金もかかるし、時間もかかるし、疲れる。

 

旅行に対するネガティブなイメージを持ってしまっていました。

 

そんな妻の気持ちに気づいてから、僕は旅行方法を大きく変えました。

 

そして、たどり着いたのが今の旅行スタイルです。

 

旅行に対するネガティブなイメージを持っていた妻は、今では家族で旅行に行くのをとても楽しんでくれています。

しかも、年に何回も一緒に行ってくれています。

旅行好きの僕にとっては、これほど嬉しいことはありません。

 

このように旅行に対するネガティブなイメージを持っている人も
楽しく幸せに旅行に行く事ができるのが、
「究極の国内旅行術」です。

 

旅行に行くことによって、
家族関係や恋人関係、友人関係を良くすることができるのが、
「究極の国内旅行術」です。

なぜこの旅行術を公開するのか?

僕は、
できるだけ多くの人に、
できる限りお得な値段で、
質の高い旅行に行って幸せに感じてもらえれば思っています。

 

そこには、あるきっかけとなる出来事がありました。

 

それは、この旅行術を直接教えた後輩K君の存在でした。

当時僕がいた部署に新人として入って来た後輩K君は、とても人懐っこい性格で、一緒に仕事をすることが多かったこともあり、僕が一方的に話す旅行の話を興味津々で聞いてくれました。

仕事の移動途中で、様々な話をする中で、僕の旅行スタイルに興味を持った後輩K君は、旅行方法について教えてほしいとお願いをしてきました。

今までそういった経験はなかったため、最初はどうしようか悩みながらも、後輩K君に自分の持っている知識を教えていきました。

 

後輩K君は、今まで行っていた旅行とは大きく違う方法に、最初はとても戸惑っていましたが、素直に言われた通りに行動するK君は、すぐに知識を吸収していきました。

 

そうして、その知識を活用し、後輩K君とは約1年間で合計2回、一緒に旅行に行く事ができました。

 

僕自身の部署異動で、後輩K君と別れる時に、後輩K君が一生忘れることがないであろう言葉を僕にかけてくれました。

 

後輩K君
「僕が今まで行っていた旅行は本当の旅行ではなかったです。
この部署でオダギリさんと出会えて、本当に良かったです!」

 

この言葉を聞いた時、本当に教えてよかった!と心から思いました。

 

もちろん、本当の旅行なんていうものは人によって全く異なるものとは思いますが、それでも後輩K君がそのように思ってくれたことは僕にとってはとてもうれしい事でした。

 

そして、同時に、後輩K君のような人をできるだけ増やしたいと思いました。

 

これが、この旅行術を公開しようと思った理由です。

この旅行術を活用して、多くの人が幸せや喜びを感じられる旅行に行ってもらえればと思います。

今回の無料メルマガ講座ではこんなことが学べます

自己紹介でも言った通り、僕は今まで様々な旅行の形態(旅行方法)を経験してきました。

だからこそ、旅行全体の計画について、自信を持ってお伝えする事ができます。

この無料講座で学べること

  • お得に旅行に行くために絶対必要なこと
  • お得に旅行に行くことが可能になる一歩を踏み出すある行動
  • ちょっとした勇気で旅行費用を半分以下にする方法
  • 旅行にお得に行くために毎日心掛けること
  • 旅行にとって最も重要なのは〇〇
  • 旅行嫌いだった妻が喜んで一緒に旅行に行ってくれる理由
  • 旅行を成功に導くためのソフト面及びハード面の条件とは?

 

この旅行術を知る事で、あなたの旅行人生は必ず大きく変わります。

 

一緒に、家族や恋人や友人を喜ばせる、幸せにする旅行をしましょう!

それでは、無料メルマガ講座でお待ちしていますね。

無料メルマガ講座の登録はコチラ

【注意事項】
※携帯のキャリアメールやプロバイダのアドレスでは受信できない場合がありますので、Gmailなどのフリーメールアドレスでのご登録をおすすめします。迷惑フォルダに案内メールが届く場合もありますので、登録後受信BOXにメールが無い場合は、迷惑フォルダもご確認ください。
※お客様の個人情報は同意なく第三者に開示することはございません。

Copyright© ショートトリップの神さま , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.